平成21・20・19年門徒の部屋

平成21年門徒の部屋
               
              十一月二十五日
 御門徒より御影堂型扁額・大門型山号額をご寄贈いただ
きました
 





お彼岸
 
  9月20日(日)〜9月26日(土)

 

  中日に太陽は真東から昇って真西に沈むことから、太陽の沈む西方に 極楽浄土を
  念想し、極楽往生を願いました

  またこの日は、昼と夜の長さが同じで片寄りのない良き日とされ、 お釈迦様の「中 
  道」の教え(快楽に溺れた生活や極端 苦行をしないとする教え)と関連して広まった
  とされています

  彼岸とは西の彼方にある極楽浄土のことです。
 
  浄土真宗では、全ての先祖は、阿弥陀如来の功徳によって、すでに往生しています。
 
  煩悩を持った私たちが、仏となった先祖を供養するのではありません
 
  先祖に感謝することによって、阿弥陀如来を報恩感謝する事が大切です。


  「お彼岸」という呼び名で一般化している「彼岸会」はインドや中国で 行われなかった
  日本特有のものです。

 
  盂蘭盆会
(うらぼんえ)
             平成二十一年七月十三日(月)〜七月十六日(木)
          
            お墓参り前に、阿弥陀様を参詣下さい
 

                      
 

  お盆とは盂蘭盆会を略したもので、お釈迦様の弟子の目連尊者の母が仏法によって
  餓鬼の世界から救われたという故事から起こったもので、歓喜会とも言われます。

 またインドの修行僧の多くが、夏の修行期間のあける七月十五日頃、祖先に報恩感謝の
  ため墓参りをしたことが日本に伝わったとされています。

 浄土真宗では、すべての祖先は浄土に往生しているとしていますので、霊魂が帰ってくる
 とは 考えません。

 阿弥陀様の本願によって往生を遂げた祖先に対して感謝の気持ちを新たに、というお気持 
 ちでお迎えください。
                        
                        住職 釋辰也

四月

  
花まつり今年の様子


終了しました 
平成二十一年 四月一日(水)〜四月八日(水)





三月
       
      御内陣人天蓋を御寄贈いただきました     



     

    御門徒の寄付により菊輪灯(大正期頃)修繕しました


           



           御門徒より梵鐘の撞木をご寄贈いただきました





 二月 
   
   蓮型別製御本山型三具足 火立(江戸時代)修復




          
       江戸期の仏具 現在では貴重で高価な仏具です




        
平成20年門徒の部屋

           
          12月 本堂内陣の大掃除
           今年の大掃除も終えることができました
         今年は「御須弥檀・御開祖須弥檀をきれいに」が課題でした

         
                   大掃除を終えた内陣、
          大正期・昭和三十年代の仏具なので日頃のお手入れも大切です

       
                   四十五年前の御須弥檀
     
       
       四十五年前御開祖須弥檀

    
     平成20年12月御本尊の御台座・後背 修繕
    
        御台座の調整、後背の留めなおしをして頂きました
      
              
     
         
          後背       後背の裏 大正六年御台座・後背修繕

                 
    
   御台座の調整          御台座の裏           御台座の後ろ
   
          
            後背の留めなおし             阿弥陀様の後姿



                  新宿区指定文化財
        放下着(尺 八)一式ならび普化宗尺八伝授関連資料

             平成20年9月彼岸展示しました
             多くの御門徒がご覧くださいました
 
          
 

          山門前左官工事
          平成20年9月山門前及び駐車場を修繕しました
                        
                        修繕前 
                                     
         
   

                        
                        修繕後

    
 
         

      

            お彼岸
 
  平成20年9月20日(土)〜9月26日(金)
 

 

  中日に太陽は真東から昇って真西に沈むことから、太陽の沈む西方に 極楽浄土を
  念想し、極楽往生を願いました

  またこの日は、昼と夜の長さが同じで片寄りのない良き日とされ、 お釈迦様の「中 
  道」の教え(快楽に溺れた生活や極端 苦行をしないとする教え)と関連して広まった
  とされています

  彼岸とは西の彼方にある極楽浄土のことです。
 
  浄土真宗では、全ての先祖は、阿弥陀如来の功徳によって、すでに往生しています。
 
  煩悩を持った私たちが、仏となった先祖を供養するのではありません
 
  先祖に感謝することによって、阿弥陀如来を報恩感謝する事が大切です。


  「お彼岸」という呼び名で一般化している「彼岸会」はインドや中国で 行われなかった
  日本特有のものです。

      住職 釋辰也
   
          平成二十年九月十一日 

               平成換鐘

           

        
 
御門徒の寄進により平成二十年九月平成換鐘としてを再鋳いたしました。
 
茨城県桜川市 小田部鋳造 37代目小田部庄右衛門さんに鋳造をお願いしました
                      
                         
                                   リンクボタン
                         小田部鋳造株式会社



元禄年間に鋳造された当寺換鐘は戦時中供出し、その後他寺の換鐘が戻されました
今年、元の寺が分かり返還いたしました。
   
                   
                   元の寺に返還した換鐘





               盂蘭盆会
(うらぼんえ)
             平成二十年七月十三日(日)〜七月十六日(水)
          
            お墓参り前に、阿弥陀様を参詣下さい
 

                      
 

  お盆とは盂蘭盆会を略したもので、お釈迦様の弟子の目連尊者の母が仏法によって
  餓鬼の世界から救われたという故事から起こったもので、歓喜会とも言われます。

 またインドの修行僧の多くが、夏の修行期間のあける七月十五日頃、祖先に報恩感謝の
  ため墓参りをしたことが日本に伝わったとされています。

 浄土真宗では、すべての祖先は浄土に往生しているとしていますので、霊魂が帰ってくる
 とは 考えません。

 阿弥陀様の本願によって往生を遂げた祖先に対して感謝の気持ちを新たに、というお気持 
 ちでお迎えください。
                        
                        住職 釋辰也
     
  
      
   明治二十七年から昭和の過去帳を修復(裏打ち 和とじ)をしました

     ⇒   
       修復前                   修復


                         過去帳 
                寛永〜明治二十六年(明治期再編)
             状態が良かったので今回は修復しませんでした


 

  花まつり  
                 
            平成20年4月1日(火)〜8日(火) 花御堂 参詣下さい

                 


     

昨年の様子
            

                

                  春彼岸 墓地の様子

        
                
              
                お雛様展示の様子
          今年も多くの方々に来ていただきました
                                                
              

    







         本堂建具(窓)を新調しました
 
                 平成20年2月29日
           建具店に檜で作っていただきました


   
     

       
      
  
   山門前でマンション建設工事中のため、彼岸期間 車の出入りが出来ません   
 
  お寺にお越しの際は公共交通機関をご利用下さい

        山門(甘露門)建立230年を越え老朽化しています 
                 ご協力お願します




平成20年春彼岸
                          
                公家のお雛様展示します
                   終了しました
                





           
平成21・20・19・18年門徒の部屋
 
     11月3(土)、4(日)  新宿区教育委員会主催
       秋の文化財イベントが行われました

     昨年は梵鐘を公開しましたが、今年は新たな指定文化財 
     放下着(尺八)を公開しました

           

     
 
 
        
                    当日配布したパンフレット
       
           

  
             展示の様子


      

                  
 


本堂瓦修繕工事 平成19年4月4日〜      
 

              


              
               平成19年春彼岸            
              
                公家のお雛様展示します

                終了しました


                
                今回も多くの方々にお越しいただきました
                      来春彼岸公開します

     平成18年の浄栄寺
 
 
  平成18年11月2・3日新宿区教育委員会主催で登録文化財イベントが行われました
       
       平成18年3月に登録文化財となった浄栄寺の梵鐘も公開しました

         
       画像をクリックすると新宿区ニュースリリースのページが開きます

  
       



                      
        パンフレットの写真は浄栄寺の梵鐘

  



     平成18年9月彼岸   親鸞聖人御真筆六字尊号(寺宝)を公開しました

     
        
                                六字尊号                          
                     
                 
       本願寺からの感謝状と送り状


           
                                 

平成18年4月〜6月 新共同墓「光明殿」の建立、水場の新設工事

                        
                        工事の様子

            
         旧納骨堂



                   
                 阿弥陀さまです            光明殿   
                                     
水場新設

    
            


        






トップへ
HOME